Business Reportディーエムソリューションズ株式会社

2022年3月期 事業報告書 
2021年4月1日~2022年3月31日

Contents

特集
TOP INTERVIEW
業績ハイライト
ディーエムソリューションズ
ラウンジ
コラム

SPECIAL FEATURE特集

OP INTERVIEW

教えてください!
花矢社長

これからのDM-S飛躍に向けての展開は?

当期の振り返り、投資施策の進捗、今後の戦略など、花矢社長にお話を伺いました。

2022年3月期を振り返って、
事業の状況を教えてください。

ダイレクトメール事業は、DM発送サービスの安定成長によりコロナ禍前を大きく超え、投資を進めるフルフィルメントサービスも順調に拡大、売上高は大幅な増収となる。
一方、バーティカルメディアサービスの回復の遅れが利益を大きく押し下げ大幅な減益

2022年3月期は、将来の大きな成長を目論み、戦略的な事業投資と事業基盤の強化に努めました。
当社の主力事業であるDM発送サービスは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響がなかった2020年の業績を大きく超える水準に伸長しました。コロナ禍などにより業界全体が低迷する中、ここまで売上を伸ばすことができた理由は、取引業種が集中しておらず業種分散ができていること、そして何より、当社の強みである営業力によるところが大きいと考えております。コロナ禍においてDM発送を取りやめるお客様もいらっしゃいましたが、これを上回る新規受注により売上を伸ばすことができました。加えて、積極的に進めた設備投資も売上拡大に寄与いたしました。シェア拡大は、仕入れ単価など多くのアドバンテージが得られるため、来期に向けて大きな力になると考えています。
当社が重点注力しているフルフィルメントサービスでは、今後の拡大に向け、前期に続き積極的な投資を進めました。営業面でも大型の物流アウトソーシング案件を受注するなど、投資と事業拡大の好循環が始まっております。
その一方で、前期に業績を大きく牽引したインターネット事業においては、Webコンサルティングを行うデジタルマーケティングサービスは概ね好調だったものの、Googleのアルゴリズムの影響を大きく受けたバーティカルメディアサービスの回復が進まず、減益となりました。

投資施策の進捗について詳しく教えてください。

日野フルフィルメントセンターの増床により、宅配便の取り扱いは過去最高に

フルフィルメントサービスにおいては、2021年10月に、当社の最大拠点である日野フルフィルメントセンターを増床しました。この増床により、同センターはこれまでの約2倍の広さとなり、受託処理能力と出荷処理能力が大幅に向上しました。2020年に新設した八王子第5フルフィルメントセンターも順調に稼働しており、今後も事業の拡大に邁進します。

名古屋メールセンターの新設で中部エリアの事業拡大に期待

2021年11月に、当社としては9拠点目の物流拠点となる名古屋メールセンターをオープンいたしました。中部・西日本エリアにおけるDMや宅配便等の発送代行サービスは、毎年順調に取り扱いを伸ばしており、2022年3月期においてはダイレクトメール事業の売上高の30%を超えるほどでした。今回、名古屋に新たな拠点を開設したことで中部エリアにおけるさらなる事業拡大を見込んでおります。

ビアトランスポーツは円安の影響を受けるも堅調

2021年4月にM&Aにより子会社化した(株)ビアトランスポーツは、当期のポイントであった事業基盤の整備が進展いたしました。販売面は、概ね計画に沿い堅調に推移しているものの、下期以降の急激な円安の影響を受け利益面では苦しい展開となりました。同社が手掛ける無地Tシャツ等のベーシックウェアの需要は、景気や新型コロナウイルスなど外部環境の影響を受けにくく、年々上昇傾向にあります。2022年8月に完成予定の新たなウェブサイトも活用しながら、当社におけるECサービスの顔として幅広く展開してまいります。

その他、今後に向けてのトピックスがあれば教えてください。

フルフィルメントサービスにおいて最新機械を導入し、仕分け業務を大幅に効率化

事業拡大が続く、宅配便等の小型荷物発送業務において、商品を自動的に仕分けする立体型ソーターを導入。仕分け業務をオートメーション化することで、業務の効率化、ミスの削減、省人化が大きく進み利益率の上昇に寄与するものと考えております。当社では、化粧品や雑貨などの小型商品やサンプル商品の仕分けに活用する予定で、この分野における競争力の強化と受注拡大を図ります。

インターネット事業では、当社独自ノウハウを取り入れたアクセス解析ツールを開発

インターネット事業における新たな施策として、お客様のウェブサイトの欠点がひと目でわかるアクセス解析ツールの開発を進めています。これまでのビジネスで培った当社独自のノウハウを余すところなく取り入れ、リーズナブルな価格で提供します。2023年3月期中にローンチする予定です。

新たなシナジー創出のために通販ビジネスに注力

通販ビジネスの強化は、フルフィルメントサービスやインターネット事業とのシナジー創出の中心となるため、積極的に取り組みを進めていきたいと考えています。引き続きビアトランスポーツのサービス拡大への注力を継続するとともに、マヌカハニーを販売している「BeeMe」等も展開を進めてまいります。

2023年3月期の位置づけと、これからの成長戦略について教えてください。

将来のさらなる飛躍のためにそれぞれの事業の底上げを図り、各事業間のシナジーを追求

2022年3月期は、コロナ禍が継続する厳しい事業環境の中、既存ビジネスの拡大と積極的な投資を推進し、会社の売上規模を拡大することができました。2023年3月期も引き続き、既存ビジネスの強化・拡大、新規ビジネスの基盤整備に努め、今後の飛躍に向けた準備を一層進めてまいります。
ダイレクトメール事業においては、当社の強みである営業力を生かし事業拡大に邁進するとともに、フルフィルメントサービスにおいては、今回投資を行った自動仕分けシステムの稼働や増床した日野フルフィルメントセンターの稼働率UPを図ります。通販ビジネスにおいては各種商品の売上UPに重点的に取り組みます。また、バーティカルメディアサービスにおいては、事業の底上げを急ぐとともに、デジタルマーケティングサービスを始めとする他サービスとの連携を推進し、新たなシナジーの創出に注力していきます。
さらに、ECビジネスにおける新領域にも目を向けながら、シナジー創出のためのさまざまな施策を遂行していきたいと考えています。M&Aについても、物流、インターネット広告、デザインなど、シナジー効果を期待できる分野であれば積極的に検討していきたいと思っています。成長にはリスクがつきものですが、全社一丸となって、必ずや目標を成し遂げる決意です。株主の皆様は、ぜひご期待ください。

リアル・ネット2つのインフラを最大限生かし、事業ポートフォリオを拡大
他に類を見ないソリューションカンパニーへ

図

業績ハイライト Financial highlights

2022年3月期 業績(単位:百万円)

2021年3月期
実績
2022年3月期
実績
売上高 14,621 16,682
営業利益 659 98
経常利益 660 101
親会社株主に帰属する
当期純利益
427 5

前期比14.1%増収。過去最高売上高166億円。

バーティカルメディアサービスの低調が影響し、減益となる。

2023年3月期
連結業績予想(単位:百万円)

売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属する
当期純利益
2022年3月期
連結業績予想
17,972 220 223 144

前期比7.7%増の約180億円の売上を計画。

5つのビジネスを展開する強みを生かし利益回復に邁進し、営業利益倍増を目論む。

※当社は2021年4月1日付で株式会社ビアトランスポーツを子会社化しております。これに伴い2022年3月期より連結決算となっております。

(単位:百万円)

売上高
営業利益
経常利益
当期純利益
総資産
純資産

※当社は、2021年4月1日付で株式会社ビアトランスポーツを子会社化しております。これに伴い、2022 年3月期より連結決算となっております。

決算説明動画

業績や今後の取り組みについての決算説明動画を配信しています。ぜひご覧ください。

https://irp-system.net/presenter/?conts=01fnywkt6sg53r4c5qd5ax0bc4

事業のトピックスや
お知らせなど、
株主様とのコミュニケーションコーナーです。

株主優待制度

毎年、3月31日現在の株主名簿に記載されている株主様のうち、当社株式を2単元(200株)以上保有され、且つ1年以上継続して保有されている株主様を対象に株主優待商品を進呈します。